イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

その他サイト

その後ですが、以下のサイトを作りました。
興味があれば、訪問してみて下さい。

・留学時代の手続き等をまとめたサイト →「開発学留学で途上国援助を仕事に!」

スポンサーサイト

PageTop

卒業式と転職

昨日、マンチェスター大学で、開発学修士の卒業式が有りました。
12名のクラスメートのうち、半分位が出席できたらしく、久しぶりに連絡など取ってました。
自分は仕事で東京滞在ですが、正直この時期のイギリスはあんまり好きじゃないし・・・と、強がりつつ。

仲間がイギリス独特のマントと、四角い帽子を被っているかと思うと感慨深いです。
留学を実施するために、実質3年ほど前から英語試験を受けたり、勉強する内容を知っている人に聞きに行ったりしてましたが、これでやっと留学自体が終わった気がしています。


ここで、ゆっくり感慨に耽るべきなのかもしれませんが、そんな暇も無く、年末・年始にかけて転職することが決まりました…(色々考えましたが、結論のみ)
今までは、日本の援助に、技術者として関わってきましたが、来年からは事業評価や運営方法の検討などを行う、”ソフト系”開発コンサルタントとして関わることになりました。

これからやる内容は、大学院で学んでいた「事業評価や民営化の知識」を活かす事ができ、また「国内を基盤にして、出張ベースで途上国と関われること」が次の仕事を選んだ基準です。

まだまだ落ち着かない生活が続きますが、新年からは気持ちを新たにしつつ、プライベートの時間も大事にしていこうと思ってますので、よろしく。

PageTop

大学院、開発学留学の総括

留学を終え、落ち着いたので、自分なりに留学時代の総括を書いてみます。

1.生活面
食事や安全面などの生活自体は、途上国に駐在していた時と比較して容易でした。
確かにイギリスのサービスが悪いとは思うけれど、日本食材はどこでも買えるし、中華レストランも多いし。
病気にならなかったのも非常に大きいと思います。

2.懸念点
勉強時間は1年と限られているため、「健康管理」と「勉強の優先順位付け」が重要です。
冬季は日が短く、降雨も多いため、気が沈みます。ストレス発散法を探しましょう。

忙しい、忙しいとは聞いていましたが、個人的には仕事と資格試験に追われながら、大学申請をした前年の方が忙しかった気がします。
休職して来たため、論文を書きながらの就職活動をしなくて良かったのも大きいです。

3.勉強内容について
以前の記事に書きましたが、開発学とはいろんな分野を寄せ集めた学問です。
このため、開発学のみで専門性を身に付けようと思っても、1年間の修士留学期間では難しいのが現状です。


私は技術者としての経験があるため、そこに事業評価や財務分析の知識が得られ、キャリアの幅が広がりました。
仕事経験がある方は、学ぶ内容を卒業後にどう援助の仕事と結びつけるか・・・留学前に検討しておくことをお奨めします。

以上、長い期間応援いただき、どうもありがとうございました

PageTop

修士論文の結論:ラパス市水道事業民営化失敗の原因は?

生活がようやく落ち着いて来て、9月にばたばたと提出した修士論文の見直しをしています。
私の修士論文の研究事項は、10年間ほど運営されたラパス上下水道の民間会社運営が、公営機関と比べて効率的だったかを検討することでした。(→過去記事)

その結果は以下です・・・ (長いので注意)
1.民間運営でも公営運営と比較して、サービス自体は向上していない。
2.民間運営は公営運営と比較し、水道料金の8%程度が追加財務費用として支出されている。
3.現在発生している問題の根本は、水道料金設定過少による投資額不足である。

詳細はこちらを↓

つづきを表示

PageTop

旅行から会社復帰

久しぶりの投稿です。
留学から帰国後1ヶ月ほど経ちましたが、後悔の無い様に中国と沖縄の旅行を満喫した後、元の会社に復帰しました。
初日は椅子に座っているのが苦痛でしたが、業務が入るにつれて、現実の生活に慣れつつあります。
やっと落ち着いてきたので、いろいろ顔を出していくと思います。

great wall yoen 万里の長城、豫園商城

taketomi  iriomote 竹富島、西表島

PageTop

1年ぶりに帰国しました

先日、無事帰国しました。
帰国前、帰国後としばらくばたばたしていていますが、落ち着いてから論文内容と留学の感想など書こうと思います。

応援していただいた方、日本で飲みましょう

PageTop

論文作成完了

本日、修士論文の製本を依頼してきました。

現地調査3週間を含めて約3ヶ月取り組んだ論文作成作業も、数日後に提出するのみで終わりとなります。
これで、晴れて留学生活の勉強が終わったということですね。
実に1年というのは早く感じます。

ここ1週間ほどはストレスでお菓子消費量が増え、ちょっと不健康気味な感じ。
少し節制しないと行けないな。

PageTop

意外とMusicalが好き

annie
先日、マンチェスターのLowryという劇場でミュージカルを見てきました。
演題は、「アニー」。日本でもやってますよね。
シアターには子供づれの家族がいっぱいで、2時間半。心が温まりました。

イギリスに来て人間的に変わったこともないのだけど(・・・)、唯一判明したのは、ミュージカルが好きだということ。
やっぱり本場のロンドンにはかなわないけれど、チェックしていればマンチェスターにも地方回りの公演がやってきます。日本に比べれば、費用も安いし機会があったらぜひ。

ちなみに、前にロンドンで見たBilly Elliotもお気に入りだったので、子供向けのが分かり易くて好きなようです・・・ _| ̄|○

以下、リンク情報。
--------------------------------
チケット予約(ロンドン、マンチェスター)
Ticketmaster
マンチェスター劇場
Palace Theatre ・Lowry

PageTop

サンファン日本人移住地訪問

論文提出前で忙しく、ご無沙汰していましたが、忘れないうちにボリビアの記事をもうひとつ。

ボリビア調査からイギリスへの帰国は、サンタクルスからでした。
サンタクルス市の周辺には、サンフアンとコロニアオキナワという、日本人移住地があります。

前から興味があったことと、行きの飛行機でそこに住んでいる方にお会いしたため、この機会を利用してサンフアン移住地を訪問しました。

sj entrance sj view
(写真:移住地入り口、周辺の景色)

つづきを表示

PageTop

ゲバラの足跡を追って (ボリビア イゲラ村)

ボリビアの調査では、ラパス→コチャバンバ→サンタクルスと移動しました。
コチャバンバからサンタクルスへの道すがら、チェ・ゲバラが捕まり最後を遂げたイゲラ村に立ち寄りました。

ゲバラはキューバ革命成功の後、大臣など務めるも、南米での革命を目指しボリビアでゲリラ活動を継続。
しかし、イゲラ村で1968年に捕えられ処刑。享年39歳。
monument guerrilla area
(写真:イゲラ村のモニュメント、ゲリラの戦った地域 標高3000m)

ゲバラの人生については以前から興味を持ち、伝記などを読んでいたのだけど、ゲリラとして潜伏していたValla Grandeとイゲラ村周辺は、本当に人里離れた場所でした。

彼が捕まった時、ゲリラ軍は総勢17名しか居なかったそうですが、この山奥で、どこまで彼は武器による革命の実現を信じていたのか・・・ 

以下、簡単にですが、行きかたなど含めて旅の様子を。
※イゲラ村、地球の歩き方には説明が載って居ない様です。Lonly Planetには簡単に記載がありました

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。