イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

開発援助の本質(途上国援助=人助け?)

昨日友人と話していて、議論になったことについて、前々から考えていたことを書いてみます。
議題は、「人助けと開発援助は違う」ということ。

開発援助に関わっていると、各種の批判を聞かされることがあります。
例えば・・・
・ODAは日本企業の利権や国益が絡んでいて汚い。
・タレントの寄付活動や、ビルゲイツの財団創立は売名行為でしょ?


これらを聞くと、正直理解が足りない・・・と感じます。
あまり援助を知らない人が言うのは分かりますが、新聞の論調でもこれらの域を出ていないことに落胆。

今回、ちょっと文章長めですが mーーm

-----------------------

こういった批判がなぜ起こるかと言うと、「開発援助=人助け、自己犠牲、ボランティア精神」という数式が、多くの人の中で成立していて、少しでも個人利益や利権が関連することに拒否反応を起こすのだと思う。
※現地高官への賄賂等の犯罪行為や、技術的ミスによる失敗などは批判されて当然ですが

<ODAは日本企業の利権や国益が絡んでいて汚い?>
開発援助のプロジェクトは、普通の公共事業や会社事業と同じで、関連する企業や個人は利益を上げないといけないし、資本主義社会ではそれが最も優先される目的です。
ODAをやる場合でも、国民の税金を使ううえで、国益に反する事業を選ばないのは当然だと考えます。
しかし、この本質を理解していない人が多い。

これら条件を理解したうえで、どう理想の仕事内容に近づくか、援助システムをどう改善して効率化に繋げるかを考えるのが重要だけど、批判が感情的になってしまってそこまで辿り着かないのが現状です。


<タレントの寄付活動や、ビルゲイツの財団創立は売名行為?>
寄付活動や財団設立についても、金額で評価したらどうでしょうか。
例えば、援助に情熱を燃やす方が、一生開発援助に生涯をささげたとします。
大卒サラリーマンの生涯賃金は3億円程度らしいので、その貢献量を3億円程度と過程。

ビルゲイツ財団は300億ドル(3兆円)程度の資金量らしいので、効果は彼の生涯x1000回分はあるわけで、その価値はすばらしく大きい。
効果を金額で評価するのに反対の人も居ると思うけれど、私は個人の献身や犠牲を神聖化するよりはずっと公平な評価だと考えます。


<まとめなど・・・>
開発援助に関し偏ったイメージが出来上がるのは、異常に働く人を神聖化してしまう、JICAの協力隊募集CMや、NGOの広報手法にも原因があると思います。
でもその結果、「NGO職員給与が上がらず、援助の専門家が育ちにくい」とか、「ODAが過度に批判される」という弊害が現れているわけで。

修正は時間がかかると思うけど、実際に関わっている人間が、少しずつでも情報発信していくしかないか、などと思いつつ・・・

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

かつての上司も、
ODA;Official Development Assistance=政府開発援助
のAssistanceを援助と訳すのが誤解を招く、と熱く語っていましたよ。

日本語の「援助」っていう言葉は、
やってあげるっていう上から目線なニュアンスが含まれているのかなー?
対等な立場での協力関係を表すよい言葉があるといいのになと思います。

あまる | URL | 2009年07月04日(Sat)16:07 [EDIT]


国益と援助について

 tomokito様からのブログからふとどんな方かなと思って
ブログを開きました。憧れ目指した場所にtakeshi様がいらっしゃるのが分かり、ブログを読み入ってしまいました。
 国際協力とは全く関係のない仕事に就いている者ですが、
よろしければご意見を頂ければ幸いに存じます。
 国益につながらなければ援助ではないとするなら、日本によるアフガニスタンへの援助は、何が目的なのだろうと思うことがあります。資源はなさそうだし、ただアフガンへの援助によりテロ行為を削減していく事なのだろうかと思ったり。伺ってどうなるというわけではないのですが、なんとなくひっかかりました次第です。

k | URL | 2009年10月18日(Sun)14:04 [EDIT]


>あまるさま
「フリーター」とか「ニート」など、言葉ができてから社会的に認められたり、逆に意味があやふやになったり、ごまかされるってことも有るみたいだよね。以外と難しい問題。

>kさま
コメントありがとうございます。
アフガンやイラクへの援助は、アメリカやイギリスに向けた外交戦略の意味合いも強いと思います(もちろん人道的な視点も含まれますが)。政権が変わってどうなっていくか興味深いですよね。

trans | URL | 2009年10月19日(Mon)02:37 [EDIT]


承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2009年10月23日(Fri)11:58 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。