イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

Field Survey 準備中 (文献検索サイト)

以前から予定していた、ボリビア・ラパスの現地調査出発が週末に迫り、準備をしています。
滞在は7月末まで20日間程の予定で、調査する内容は昔書いた記事のとおり。

ラパスの水道民営化事例分析をした文献は、Google Scholarで手に入ったものの、民営化手法を検討したものが多く、水道施設情報がほとんど書かれていません。
私の研究には技術的側面を含めて検討しようと考えているため、少し古くなるのだけど、JICAのHPから落とした過去報告書(地下水開発)などを見て勉強しています。

ラパス自体は、10年も前に旅行したことがあるのだけど、ネット情報では、最近唾かけ強盗・首絞め強盗等が発生しているらしく、ちょっと心配。
あまり無理せずやって来ようと思っています。

-----------------------------------------
以下、調べ物用の参考サイト
Google Scholar 英語文献が調べられます。
JICA事業の報告書サイト 過去の報告書がPDFファイルでダウンロードできます。

World Bank レポートサイト 
ADBレポート F/SはRRPsレポート参照

※どなたか、World Bankや他援助機関のプロジェクト報告書が見られるサイト・方法を知っていれば、教えてください→上に追加しました

スポンサーサイト

PageTop

英国内外旅行の役立ちリンク (マンチェスター)

ここのところ、7月のボリビア調査のために、航空券やホテルの予約をしていました。
以下、国内外を含め、旅行に役立つサイトをまとめてみましたので、ぜひ参考に。

-宿泊-
Tripadvisor 英国内外かかわらず、ホテルの比較ができます
エクスペディア(英国内外、日本語で予約可
Opodo ・Expedia ・Lastminute ホテル検索、同じホテルでもサイトにより値段が異なります
Hostelworld ホステルに泊まる時用

-交通-
National Express (英国内全域、学生の場合Railpass作成で1/3割引
Eurostar (ロンドンからパリ、ブリュッセル等)

(格安大手)※Ryanair、※Easyjet マンチェスター・リバプール発着多し
(格安)・Monarch ・BMI ・Jet2 マンチェスター発、ヨーロッパ向けの格安便
(予約サイト)・Opodo ・Expedia ・Lastminute 大手航空会社を含み、最安値比較用
(計画用比較サイト)・Kayak ・Skyscanner 各サイトが比較できます

National Express 英国内 ・Mega Bus 国内格安バス
Eurolines ヨーロッパ内 バスは電車より安価
Terravison マンチェスター市内からリバプール空港のシャトルバス(片道6、往復8ポンド)
Stagecoach No.43 マンチェスター空港-Oxford Street路線バス(片道2.6ポンド)

PageTop

Language Exchangeの薦め

去年の10月位から、イギリスの男性と英語/日本語のLanguage Exchangeをしていました。
Language Exchangeとは、語学を勉強したい相手に、お互いに母国語を教えあうというもので、アニメや映画の影響もあって、日本語を勉強したいという学生は割合簡単に見つかります。

私の勉強相手はパイロットをしているのですが、最近日本の女性と結婚することになり、結婚式でのスピーチを日本語で実行したいということで、数ヶ月ほどその作文を手伝っていました。

内容はそれほど込み入ったものでは無いのですが、彼が今まで数年勉強してきて作った文章を元に、文法を修正しました。その後、何度か実際に読んでもらって発音も修正。
結果、1ヶ月程前結婚式が執り行われ、5分位のスピーチですが、新婦の両親は喜んで泣いてくれたそうです。
それを聞いて、本当に彼と会って良かったなあと・・・

今後、新郎新婦は仕事の都合で引っ越しをするため、先日彼との勉強会は最後になりました。
国際結婚は色々障害も有ると思うけれど、それだけ勉強する熱意があれば大丈夫だよね。

末永く、お幸せに

※日英語の相手探しはマンチェスターJapanese Societyのページでの登録がお奨めです。

PageTop

留学に持ってくるもの

そろそろ渡英される方も多いと思うので、以下自分が持ってきて良かった電化製品をまとめてみました。

1.ネットブック →ネットブック人気順
4~5万円程度で持ち運びが容易。無線LANとネット、動画再生などの利用は快適です。ただ、画面が小さい分、書きづらい可能性があります。
講義中に英語辞書ソフトとMSオフィスが使え、マンチェ大では講義室でもWifiでネットが繋がるので、講義対策には最強かと。(本人、現在購入検討中。辞書ソフトがあれば、以下の電子辞書が要らないかもしれません)

2.電子辞書 →Papyrus パピルス PW-AT760-S
コンテンツや機能を競い合っていますが、英和・和英・英英辞書機能しか使いません。
この機種を選んだ理由は、出張時にメモリーカードを追加すればスペイン語と仏語辞書が使えるため。

3.デジカメ →Nikon D60 レンズキット
デジカメは日本で購入した方が安いようです。旅行に出たり、パーティのお供に。
本機種、旅行写真好きにはたまりませんが、一眼で重いので女性はコンパクト型を薦めます。

※イギリスのコンセントは日本と異なるので、充電には変換プラグが必要です。

PageTop

ブリティッシュカウンシルの英国留学デー

知人から英国留学に関するイベントの連絡が有りましたので、紹介します。

「英国留学デー 2009 Education UK Day 2009」
東京: 4月11日(土) 11:00-17:00 ブリティッシュ・カウンシル 東京センター
大阪: 4月12日(日) 13:00-17:00 ブリティッシュ・カウンシル 大阪センター


今回のイベントでは開発学留学経験者の講演の他、イギリスの各大学20校以上から担当者が来日し、説明をするそうです。
私が過去検討した大学では、開発学のサセックス大学、工学部のラフバラー大学などが参加します。

ブリティッシュカウンシルはイギリスの留学紹介機関です。
日本の留学斡旋機関に留学の相談に行くと、英語クラスや彼らと提携している大学への申請を薦められることが多いですが、ここでは勧誘などされず客観的な情報が得られます。
私も留学先を検討していた2年ほど前に、「留学フェア」というイベントに出かけ、各種情報を集めました。

もし時間があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。

PageTop

博士号取得はイギリスが得?

ここのところ、日本人でもPhD(博士課程)や、それ以上の方と話す機会が多いです。
研究の話は難しくて理解できないことも多いけど、皆研究熱心でその姿勢に刺激を受けます。

その中で、開発学でPhDの方に「イギリスで博士号を取った方が楽」と言われ、ハッとしました。
勉強できる内容が重要で、あまりそういう視点で見たことが無かったけど、確かに違いが大きい。

自分がイギリスでマスター(修士)を取ろうと思ったのも、1年で取得できることは大きかった。
博士号はマスターが終わってから通常+2年で取得できるそうなので、学部卒業後、最短3年で博士になれます。


そういえば、子供の時の夢は「博士になることだった気がするので、もうちょっとでたどり着く・・・?

つづきを表示

PageTop

円高で留学が容易に?

ポンド円の為替レートが140円位になっています。ここ10年来で際安のレベル。

「得したねえ」と言われるけれど、自分は出発時の190~200円の時に結構替えてしまっているので、円高の恩恵をあまり受けてません。
ここ3年くらいでは良いレートだったので、喜んで替えたんだけど、100年に一度と言われる幸運(不謹慎)を逃しました。ハハ

留学は為替の影響が大きいですし、今後予定があるのであれば、ポンドやドルが安いうちに両替しておく方が懸命かもしれません

今まで何度か聞かれたので、以下に一番手数料の低い両替方法を記載します。参考にしてください。

つづきを表示

PageTop

留学中の電話 (Digital Devide?)

留学する前に、いくつか手続きをしてきました。
歯医者、留学生保健、VISAデビットカード、国際免許証 等々

これらの中で、最も便利なのがスカイプアウトでした。
イギリスから日本への電話は、通話元が以下の金額を払います。

日本の固定電話 2.66円/分!
日本の携帯電話 17.5円/分!
(※+4.9円/接続毎)
 安い!

詳細・・・

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。