イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ラパス到着

lapaz view2 lapaz view1
修論調査地のボリビア、ラパスに到着しました。
高度3400mの高地、高山病で正直参っています。

b kid2 b kid1
ペルーなどから少しずつ上がってきた旅行者は何とも無いようですが、飛行機で直接来たためもあり、頭痛がひどく、倦怠感もあり勉強する気になりません。

高山病の薬は、チョルチとダィアモックスを試してみて、ダィアモックスの方が心持ち効いているようで、数日中に身体が慣れれば良いのだけど・・・

potato minibus llama.jpg
(写真:左 ポテト+肉の煮物屋台50円、中 市民の足 片道20円くらい、右 呪術?に使うリャマのミイラ)

調査の方は、調整をお願いしていた方々から十分な協力を頂き、必要なデータを集めて帰れそうです。
現地に住んでいる方々が居ることで、私の様な学生の調査でも協力していただけるわけで、嬉しく思います。

スポンサーサイト

PageTop

Field Survey 準備中 (文献検索サイト)

以前から予定していた、ボリビア・ラパスの現地調査出発が週末に迫り、準備をしています。
滞在は7月末まで20日間程の予定で、調査する内容は昔書いた記事のとおり。

ラパスの水道民営化事例分析をした文献は、Google Scholarで手に入ったものの、民営化手法を検討したものが多く、水道施設情報がほとんど書かれていません。
私の研究には技術的側面を含めて検討しようと考えているため、少し古くなるのだけど、JICAのHPから落とした過去報告書(地下水開発)などを見て勉強しています。

ラパス自体は、10年も前に旅行したことがあるのだけど、ネット情報では、最近唾かけ強盗・首絞め強盗等が発生しているらしく、ちょっと心配。
あまり無理せずやって来ようと思っています。

-----------------------------------------
以下、調べ物用の参考サイト
Google Scholar 英語文献が調べられます。
JICA事業の報告書サイト 過去の報告書がPDFファイルでダウンロードできます。

World Bank レポートサイト 
ADBレポート F/SはRRPsレポート参照

※どなたか、World Bankや他援助機関のプロジェクト報告書が見られるサイト・方法を知っていれば、教えてください→上に追加しました

PageTop

開発援助の本質(途上国援助=人助け?)

昨日友人と話していて、議論になったことについて、前々から考えていたことを書いてみます。
議題は、「人助けと開発援助は違う」ということ。

開発援助に関わっていると、各種の批判を聞かされることがあります。
例えば・・・
・ODAは日本企業の利権や国益が絡んでいて汚い。
・タレントの寄付活動や、ビルゲイツの財団創立は売名行為でしょ?


これらを聞くと、正直理解が足りない・・・と感じます。
あまり援助を知らない人が言うのは分かりますが、新聞の論調でもこれらの域を出ていないことに落胆。

今回、ちょっと文章長めですが mーーm

つづきを表示

PageTop

Comwy Castle (北ウェールズ)

castle tram
(写真:Conwy Castle、トラムと街の風景)
学校のInternational Society 主催の1日ツアーで、北ウェールズにあるConwy Castleに行ってきました。お城は世界遺産らしいです。
マンチェスターから2時間ほどで、気分転換に最適でした。
初のウェールズ上陸で、もっと違いがあるのかと思って期待したのだけど、看板にウェールズ語が併記されている位であとは特に印象無く・・・。

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。