イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大学院、開発学留学の総括

留学を終え、落ち着いたので、自分なりに留学時代の総括を書いてみます。

1.生活面
食事や安全面などの生活自体は、途上国に駐在していた時と比較して容易でした。
確かにイギリスのサービスが悪いとは思うけれど、日本食材はどこでも買えるし、中華レストランも多いし。
病気にならなかったのも非常に大きいと思います。

2.懸念点
勉強時間は1年と限られているため、「健康管理」と「勉強の優先順位付け」が重要です。
冬季は日が短く、降雨も多いため、気が沈みます。ストレス発散法を探しましょう。

忙しい、忙しいとは聞いていましたが、個人的には仕事と資格試験に追われながら、大学申請をした前年の方が忙しかった気がします。
休職して来たため、論文を書きながらの就職活動をしなくて良かったのも大きいです。

3.勉強内容について
以前の記事に書きましたが、開発学とはいろんな分野を寄せ集めた学問です。
このため、開発学のみで専門性を身に付けようと思っても、1年間の修士留学期間では難しいのが現状です。


私は技術者としての経験があるため、そこに事業評価や財務分析の知識が得られ、キャリアの幅が広がりました。
仕事経験がある方は、学ぶ内容を卒業後にどう援助の仕事と結びつけるか・・・留学前に検討しておくことをお奨めします。

以上、長い期間応援いただき、どうもありがとうございました

スポンサーサイト

PageTop

修士論文の結論:ラパス市水道事業民営化失敗の原因は?

生活がようやく落ち着いて来て、9月にばたばたと提出した修士論文の見直しをしています。
私の修士論文の研究事項は、10年間ほど運営されたラパス上下水道の民間会社運営が、公営機関と比べて効率的だったかを検討することでした。(→過去記事)

その結果は以下です・・・ (長いので注意)
1.民間運営でも公営運営と比較して、サービス自体は向上していない。
2.民間運営は公営運営と比較し、水道料金の8%程度が追加財務費用として支出されている。
3.現在発生している問題の根本は、水道料金設定過少による投資額不足である。

詳細はこちらを↓

つづきを表示

PageTop

旅行から会社復帰

久しぶりの投稿です。
留学から帰国後1ヶ月ほど経ちましたが、後悔の無い様に中国と沖縄の旅行を満喫した後、元の会社に復帰しました。
初日は椅子に座っているのが苦痛でしたが、業務が入るにつれて、現実の生活に慣れつつあります。
やっと落ち着いてきたので、いろいろ顔を出していくと思います。

great wall yoen 万里の長城、豫園商城

taketomi  iriomote 竹富島、西表島

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。