イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大学院留学生の勉強状況

今日は寮の窓からが見えました。
あまり綺麗には撮れなかったけれど、写真添付で幸運の分かち合い。
niji

渡英して一ヶ月経ち、だんだん生活も落ち着いてきました。
最近出席している授業内容をまとめると、以下の様になりました。
時間は週当たりなので、合計週21.5時間。これって多いと思う???

<1.必須科目>
「開発実践:Development Practice」 3時間
「プロジェクトファイナンス:Project Finance」 3時間
<2.選択科目>
「公共機関の財務分析:Financial Analysis of Public Sector」 3時間
「公共機関の経済分析:Economic Analysis of the Public Sector」 2時間
<3.聴講科目>(単位加算なし)
「開発経済:Economic Development」3時間
「行政改革と管理:Public Sector Reform and Management」 2時間
「英語(留学生用で発音・作文・会話等)」 5.5時間


以下説明・・・

-----------------------
上記は、秋春学期のうち、現在実施中の秋学期のものです。
必須科目は入学前からの予定通り。今学期、選択科目は経済系が多くなったかな・・・

このうち、卒業するのに必ず出席しないといけないのは「1.必須」、「2.選択」科目の週11時間で、多くの生徒はこれだけらしい。
週11時間と聞くと、「学生って楽ねぇ」と感じるけれど、その時間のための予習復習+リーディング資料がいっぱいあって、かなり忙しいです。

自分の場合、自主的に出席しているのが「3.聴講科目」の+10.5時間あるので、合計21.5時間って数字はかなり多い方らしい。
そうすると、「takeshiは寝ずに勉強してるの?」というとそうでもなく、単純にリーディング・予習を実施せず、講義出席を重視して勉強を進めています

文献調べは日本帰国後でもできるのに対して、講義はイギリスでしか受けられないから、もう少しこのスタイルでがんばろう。

--------------------------------
こっちの勉強風景って、日本の大学に比べるとかなり差があってビックリさせられているので、その辺のことを次回・・・

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

講義を受けるだけというのは理にかなっているきがしてとてもいいと思います。きっと僕だったら臨場感でおなかいっぱいなのでこれだけ詰め込むとなるとさぞかし大変でしょう。

勉強風景も写真で見れると楽しそうですね!

たけいまさひろ | URL | 2008年10月23日(Thu)02:11 [EDIT]


はじめまして

こんにちは、たまたま検索してたらこちらに辿り着きました、Takeshiさんと同じく今秋からマンチェスター大学院に留学しているものです。開発学を専攻されているということはIDPMですか?私は別の学部ですがSEDの授業を二つほど取っているので、よくそちらの建物にお邪魔します。ちなみに私も週11時間ですが、いっぱいいっぱいです。21.5時間とは・・・、すごいですね。

mespomer | URL | 2008年10月24日(Fri)00:28 [EDIT]


>まさくん
今は社会人から自由な学生になった開放感で、あんまり大変さを感じてないよ。課題が増えてきたら対応を考えないと…

>mespomerさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
推測のとおりIDPMに在籍しています。
授業中は良くスペイン語圏の生徒とつるんでますが、頼りになる日本の学生との情報交換も欠かせないので、もし良かったら、メアドに連絡ください。よろしく。

takeshi | URL | 2008年10月24日(Fri)07:32 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。