イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

円高で留学が容易に?

ポンド円の為替レートが140円位になっています。ここ10年来で際安のレベル。

「得したねえ」と言われるけれど、自分は出発時の190~200円の時に結構替えてしまっているので、円高の恩恵をあまり受けてません。
ここ3年くらいでは良いレートだったので、喜んで替えたんだけど、100年に一度と言われる幸運(不謹慎)を逃しました。ハハ

留学は為替の影響が大きいですし、今後予定があるのであれば、ポンドやドルが安いうちに両替しておく方が懸命かもしれません

今まで何度か聞かれたので、以下に一番手数料の低い両替方法を記載します。参考にしてください。

-------------------

色々調べた結果、留学費用を送るのに最も手数料が安いのは、「FX会社で両替」→「日本の外貨口座」→「現地銀行口座へ送金」といった手続きです。

通常の銀行が1ポンド4円(シティバンクは1円)の手数料がかかるのに対し、FXでは0.06円程度(!)です。
また、当日から年3%程度の利息が得られるため、留学期間まで長く持っているのも得に感じます。
1000ポンドから両替ができ、信用度が高いため、私は外為どっとコムを使っています。

留学時に、「①シティバンク等の外貨口座に外貨受け渡し」「②留学先で開いた銀行口座に海外送金」といった手続きをします。

短期間の旅行、または1~2ヶ月の語学留学では、イーバンクマネーカードがお勧め。
このカードはVISAデビットであり、イーバンク口座の残高分から直接引き落としされるため、使いすぎやクレカの高い利率(10%以上)が避けられます。
カード作成には口座開設が必要です。

「ああ、留学開始が2ヶ月遅かったら数十万円得したのに・・・」と言うのは後の祭りか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。