イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

博士号取得はイギリスが得?

ここのところ、日本人でもPhD(博士課程)や、それ以上の方と話す機会が多いです。
研究の話は難しくて理解できないことも多いけど、皆研究熱心でその姿勢に刺激を受けます。

その中で、開発学でPhDの方に「イギリスで博士号を取った方が楽」と言われ、ハッとしました。
勉強できる内容が重要で、あまりそういう視点で見たことが無かったけど、確かに違いが大きい。

自分がイギリスでマスター(修士)を取ろうと思ったのも、1年で取得できることは大きかった。
博士号はマスターが終わってから通常+2年で取得できるそうなので、学部卒業後、最短3年で博士になれます。


そういえば、子供の時の夢は「博士になることだった気がするので、もうちょっとでたどり着く・・・?

-------------------------------------------

日本じゃ博士を取ろうと思ったら、修士の2年+4~5年は必要だと思うので、合計6年以上
30代で博士号ってのは稀だよね?
イギリスの3年と比べると、同じ学位でも必要な期間は倍以上。

それに、これは理系の場合で、文系だと長らく研究していても、ほとんど一生涯、日本で博士号はもらえないらしい。
これだと、同じ勉強をしていても、日本に居たらどうしても損した気は免れないよな。

学位だけでなく、弁護士・技術士などの資格も、日本での扱いと欧米の資格と随分扱いが異なるため、資格システムの変更をしている話を聞きます。
資格者の質が落ちるなどの賛否両論も有るけれど、優秀な方が海外に流れる損失を減らすには、将来的に仕組・扱いの統一化は避けられないだろうな。

ということで、「博士号を目指すならイギリス留学検討してみませんか?」という話でした。
まあ博士の就職が難しいという話も聞くし、それはまた別の話で・・・


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

日本の工学系は、修士2年+博士3年が標準です。

でもこれはストレートで進んだ場合のことで、社会人の場合は働きながら取ることもできます。(だから何年で、ってあまり関係ない)

方法としては大きく、①論文博士、②課程博士(弾力的な運用をしている大学)、があります。

海外では論文博士(大学に在籍せず論文だけで学位が取れる)みたいな制度はあるのかなー?論文博士を廃止するという話もありますが、具体的に話が進んでいるわけではないみたい。

②も、1年で取れる大学があったり(!)、社会人にやさしいしくみになっています。

休職してor仕事を辞めてっていうのは、キャリアの面でも費用面でも覚悟がいると思うけど。(私にはちょっと考えられない…)
分野によっては働きながらでもできますよーっていう情報提供でした。

あまる | URL | 2008年12月13日(Sat)01:58 [EDIT]


どうもありがとう。

帰国後、いくらか余裕があったら考えようかな。
楽に取れるところが有れば良いけど・・・

また御教授よろしう。

takeshi | URL | 2008年12月27日(Sat)23:02 [EDIT]


イギリス留学したいかも

オーストラリアにいたときの友達が大勢イギリスの学校に
通っているのを知って、最近興味津々。
まずは日本の大学院を卒業して、国家試験受からないといけないけど、
そのあとイギリス留学しようかなぁ。
でも、天気が悪いと気分が凹んでしまう体質の私がイギリスにはたして行けるのか??

さじこ | URL | 2008年12月28日(Sun)05:19 [EDIT]


>さじ
ひさしぶり。
ここだけの話だけど、オーストラリアの方が、気候が良くて、留学費用も安いらしい。
決して他言しないよう。

takeshi | URL | 2008年12月31日(Wed)16:13 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年08月23日(Tue)23:19 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011年08月24日(Wed)14:15 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。