イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

セメスター2(春学期)開始

渡英して、早くも5ヶ月が経ってしまいました。
最近は5時位まで外が明るく、気分的にも楽になってきてます。

セメスター1が終わりしばらくゆっくりしてましたが、周りの学生が修士論文、就職情報収集などを始めており、これから忙しくなりそうな予感。
始まったセメスター2の授業内容をまとめると、以下になりました。

授業は週当たりで、合計週18.5時間程度
その他に文献の読み込みと課題提出が課せられます。
今回も、帰国後でもできる読み込みより、各種授業への参加を優先させています。頑張ります。

<1.必須科目>
「安全管理:Risk Management」 3時間
「開発実践の特徴・技術:Characteristics and Skills of Development Practice」 3日間の集中講義

<2.選択科目>
「事業評価・費用便益:Project Appraisal and Cost Benefit」 2.5時間
「開発の計画・管理:Planning and Managing Development」 3時間

<3.聴講科目>(単位加算なし)
「再建設と開発:Reconstruction and Development」 2時間
「経済開発における農業:Agriculture in Economic Development」 2時間
「政治と開発:Politics and Development」 2時間
「英語(留学生用発音・作文・会話クラス)」 4時間

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。