イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

途上国開発とインフラ整備

問題:途上国が自立発展する条件は何でしょう?
思いついたまま書くと以下かな。
1.公平で不正の少ない政治
2.財政・経済の安定性
3.道路、電気、水道などの基本インフラ整備


個人的に、3の生活条件も向上するインフラの果たす影響は大きいと思います。
しかし、今イギリスで開発学という学問を学ぶ中で、インフラの重要性を学ぶ機会がほとんど無いことに驚かされました。
講義で多いのは、順番に経済、政治、環境、教育など。

日本の援助はインフラの割合が多く、近年の東南アジアの経済成長に大きく貢献したと言われている。
「それで儲かるのは日本の建設会社じゃないか」とか、「無駄遣いが多く金額が高いわりに効果が少ない」等々と批判もされてますが、果たしてきた成果も大きいはずで、それが十分評価されていない気がする。

考えてみると、開発学という学問自体他の学問と比べて新しく、色々な専門分野を応用した変な学部です。
また、技術の知識に対抗する形で作られた経緯もあるみたい。

高速道路を作ったら、地域経済がどれほど向上するのか?
学校や水道を建設すると、長期的にどれほど利益が生まれるのか?

こういったことは、工学部で変わり者の先生が勉強している様だけど、開発学の中で学ぶ必要性は高いと思う。
このギャップの中に、自分の存在価値がありそうなので、不満を言うだけでなく勉強勉強!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はーいv-222工学部の変わり者の一味です。

インフラの必要性が議論になるのは、いらないという人がいるから。つまり成熟した社会だからこそ発展する学問・分野なのだと思います。

本当は途上国でだって大事なテーマなのだけど。。
必要性に誰も疑問を持たない(インフラが不足していることが明らかな)国を相手にするとき、それを学ぶ必要性自体をどうわかってもらうか?!難しい問題だと思います。
それに挑んでいこうというわけですね…スゴイ
 

あまる | URL | 2009年02月28日(Sat)12:52 [EDIT]


たびたび失礼。
そういえば、日本の大学で開発関係を勉強していた知人が、マクロ経済ばかりで目指しているものとちがうと言っていましたが、英国の開発学での経済はマクロとミクロ、どちらがメインですか?

あまる | URL | 2009年03月01日(Sun)12:34 [EDIT]


>英国の開発学での経済はマクロとミクロ、どちらがメインですか?

どうも。開発学の経済を学ぶのはおこがましいけれど、どうもミクロは学びにくい様です。
やっぱり学術界なのと、1年の修士課程なので、とりあえずマクロの理論をやってお茶を濁すらしい・・・というのを聞きました。
まあ結局選択するコースや授業にも拠るみたいだけどね。

trans | URL | 2009年03月03日(Tue)00:24 [EDIT]


高速道路を作ったら、地域経済がどれほど向上するのか?
⇒きっと定量的にこれを示すことって難しいんだろうね。
B/Cなんて、日本では公共事業を進める上での、こじつけみたいなもんだし。

地方や都市部で道路の必要性の理由なんて全く違うはず。
地方分権のなかで議論すべき問題か、国として考えるものなのかってとこがあるんだろうね。

今の日本はそこが大きな問題として、橋元大阪府知事やそのまんま東知事がアピールしてるよ。

ただ、背景には大きな金が動くってことがあると政治と切り離せないきな臭さがちょっと悲しいね。日本の政府は腐敗してるよ、歴史は繰り返されるんだろなぁ。

けんたろう | URL | 2009年04月19日(Sun)14:08 [EDIT]


けんたろう
>B/Cなんて、日本では公共事業を進める上での、こじつけみたいなもんだし。
>ただ、背景には大きな金が動くってことがあると政治と切り離せないきな臭さがちょっと悲しいね。日本の政府は腐敗してるよ、歴史は繰り返されるんだろなぁ。

確かに、高速道路の作りすぎは痛い問題だね。
しかし、これは日本だけの問題ではないので、ちゃんとした問題分析と、反省が必要でしょう。
途上国の限られた予算での建設がうまく行くシステムが必要だと思います。
C/Bは与える影響の大きい部分なので、勉強も楽しいよ。

trans | URL | 2009年04月28日(Tue)15:18 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。