イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

親孝行

cot1 cot2
試験後、またロンドンに上京していました。今回の目的はタイトル通り親孝行

私の母親は仕事が自営業のためもあり、生まれてから50年以上日本を出たことが無かったのだけど、今回の留学に合わせて誘い、初の海外旅行が実現しました。
あまり時間が無かったためマンチェスターには来れなかったけれど、ロンドン市内観光コッツウェルズツアー、それにミュージカル鑑賞等々盛り沢山。
(写真:コッツウェルズの街)

慣れないことばかりで大変そうだったけれど、とにかく喜んでくれて満足です。
コッツウェルズには「いつか帰ってくる(!)」と断言していて、イギリスの家や風景は女性の受けが良い事を実感しました。

以下、メモ代わりに。

----------------------
bridge guard
(写真:ロンドンブリッジ、バッキンガム宮殿の衛兵交代)
まず、2日間ほどかけてロンドン観光の主要箇所を抑えつつ。
セントポール寺院、大英博物館にも今回初めて行ってみました。

cot3 cot4
(写真:コッツウェルズの街)
コッツウェルズは日本語ツアーが良いと言われ、ミキトラベルで予約。1日ツアーで42ポンド/人。
滞在時間をコントロールできないのが悲しいですが、公共機関では行きにくいので仕方ないのかな。
母親は、小さな家々の花の飾り方に、大きな刺激を受けている様でした。

ミュージカルは「Billy Eliot」で上の方の安めの席(20ポンド程)を取ったのだけど、満員でした。
ストーリーは「リトルダンサー」という邦題で映画になっている、イギリスの炭鉱町の少年がバレィダンサーを目指す話です。
あの映画と同じダンスを12歳位の少年が踊るのだけど、素人でもレベルが高いのが分かり、感動的でした。映画もお奨めなのでぜひ見てみてください。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おお、たけしくん。
親孝行すばらしいですっ!
やっぱ出来るうちにしなきゃ、だよねー。
日本帰ったらするぞー。

ところで。
私はいまサラエボにいます。
なんだかね、すごいよ。かなり考えさせられます。
もっと世界情勢、歴史勉強しなきゃナって思ったさ。

Shiho | URL | 2009年06月23日(Tue)15:15 [EDIT]


>Shiho
コメントありがと。
サラエボ、行きたいけれど、留学中には無理かな・・・と思い中です。さすがに勉強しないと。
まあまた東京で飲みましょう。

trans | URL | 2009年06月24日(Wed)09:31 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。