イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゲバラの足跡を追って (ボリビア イゲラ村)

ボリビアの調査では、ラパス→コチャバンバ→サンタクルスと移動しました。
コチャバンバからサンタクルスへの道すがら、チェ・ゲバラが捕まり最後を遂げたイゲラ村に立ち寄りました。

ゲバラはキューバ革命成功の後、大臣など務めるも、南米での革命を目指しボリビアでゲリラ活動を継続。
しかし、イゲラ村で1968年に捕えられ処刑。享年39歳。
monument guerrilla area
(写真:イゲラ村のモニュメント、ゲリラの戦った地域 標高3000m)

ゲバラの人生については以前から興味を持ち、伝記などを読んでいたのだけど、ゲリラとして潜伏していたValla Grandeとイゲラ村周辺は、本当に人里離れた場所でした。

彼が捕まった時、ゲリラ軍は総勢17名しか居なかったそうですが、この山奥で、どこまで彼は武器による革命の実現を信じていたのか・・・ 

以下、簡単にですが、行きかたなど含めて旅の様子を。
※イゲラ村、地球の歩き方には説明が載って居ない様です。Lonly Planetには簡単に記載がありました

------------------------

サンタクルス-Valla Grande 間は、ミニバンで5時間か、大型バスで7時間かかります。
Valla Grandeは、セントラル広場の市役所にミュージアム、それにゲバラの遺体が世界のメディアに公表された病院の洗濯場(lavanderia)が見所と成ってます。
central park laundry1 laundry2
(写真:町の広場、洗濯場 旅行者のサインが絶えない)

その後、Valla Grandeからゲバラが実際に撃たれたHiguera(イゲラ)村に行くには、Pucaraを通って①トラックなどをヒッチしていく方法と、②ジープなどを手配して向かう方法(片道2.5時間)があります。
私は運良く行きのバスで一緒になったオージー2名とジープを手配できました。
費用は2~300ボリビアーノス(2800~4200円)/1日程度。
jeep hat sky2 sky1
(写真:雇ったジープ、途中で見かけたゲバラのベレー帽岩?、標高3000mで近づく空)

Valla Grandeからでこぼこ道を2時間半走って、やっとイゲラ村到着。
村自体は当時より小さくなっており、15軒ほどの住宅しかありません。
市中心にいくつかゲバラのモニュメントが立ってます。

すぐ隣に学校があり、キューバの援助で立てられたという名盤を発見しました。
ゲバラの遺体は97年になって発掘作業が始まり、すでにキューバに運ばれています。

kids hospital2  hospital1
(写真:学校の生徒、校舎、援助を示すプレート)

また、すぐ近くに彼が実際に射殺された建物(当時は学校か病院だったらしい)があり、そこがミュージアムになってます。
建物は非常に小さく、至近距離で撃たれたことが分かる。
ここまで来る旅行者は少なめですが、彼らが記念に書いくコメントが、各国の言葉で書かれていて印象的です。
school2 school1
(写真:建物、ゲバラが撃たれた場所)

モニュメントがある広場の横には、小さな商店兼食堂がありました。
昼の食事時になったので、雇ったドライバー兼ガイド+旅行者3名でおばちゃんに食事を頼み、その日の唯一のメニューである、鯖缶とイモを煮てご飯にかけた食事が運ばれてきました。

食べ始めてからガイドが語るには、このおばちゃんはゲバラがボリビア政府軍に捕まった時、ゲバラにもご飯を運んでいたということ。その当時、彼女は21歳。
ガイドとおばちゃんは40年前の事を昨日の様に話をしていました。
その時自分が食べているおばちゃんの料理を、ゲバラも食べたかも・・・と考えたら、急に彼が身近に感じられました。
彼が戦っていたのは、それほど昔のことでは無いんだ・・・と

return
ボリビアは未だ南米1貧しい国と言われ、ゲバラが見ていた生活は、それほど今の風景と変わらないのでは無いかと感じます。
「この貧しい国々で、自分はどんな貢献・活動ができるのか」などと物思いにふけりつつ、岐路につく1日でした。
(写真:サンタクルスに向かうミニバン)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちわ
この前は僕の質問に返答してくださって
ありがとうございました
参考になりました

三日前、遠くの大学のオープンキャンパスに
一人で夜行バスで行ってきました。
三泊四日。東京、名古屋、京都へ。
ビジネスホテルに泊まりました。
僕は知らない人が大勢いるところを歩くのは
とても不安で不安でたまりませんでした。
僕は海外旅行(発展途上国)におおいに興味があります。

でも、
高校生になって、いっちょまえに大人になったと思ってて
日本内旅行で怖くなるなんて・・・
自信なくしました。

Transさんは発展途上国を
1人で旅行していて怖くないのですか?
(前のブログを読ませてもらいました 発展途上国?旅行が趣味と読んだと思います)


空がきれいですね
僕は空を見ることが大好きで
海外で
空を見てやるぞって
決心しました  よしっ

しゃにむ | URL | 2009年08月14日(Fri)11:05 [EDIT]


>しゃにむ
再度コメントありがとう。

自分が高校生の時は、特にやりたいことも無かったので、逆にあなたを羨ましく感じます。
援助で働くと決意したのが、22歳の時で、大学では全然関係ないことを学んでいたので、自分では随分遠回りしたなと思っていました。
でも、今の大学で会う開発援助を目指す友人からは、早い決断だと言われているから、そんなに間違ってはいなかったみたいです。

>1人で旅行していて怖くないのですか?
国内旅行は、高校の時青春18切符で1週間ほど旅行してました。
同じく最初は緊張してたので、変わらないですよ。

最初に海外に行ったのが、一人旅で20歳のときでした。
1ヶ月インドを旅行して、すごいことをしたのだと有頂天になったのを覚えてます。
日本人の旅行者も多いし、今考えるとかわいいもんですが。

>空がきれいですね
ラパスは、世界一標高が高い首都で、空はすごく綺麗。
途上国の田舎は、電灯が少ないので星も綺麗に見えます。
昔タクラマカン砂漠で眺めた、天の川なんかも忘れられない光景。
あわてず、何年かすれば必ず達成できますよ。

trans | URL | 2009年08月16日(Sun)19:45 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。