イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ミレニアム開発目標とは?

今日は授業で初プレゼンテーションを行いました。
プレゼンは5名のグループワークで実施し、私の説明箇所は5分ほど。
説明をクイズ形式にして挙手させたら、結構うけが良かったです。

内容は「ミレニアム開発目標(MDGs)」について・・・

--------------------------------

「ミレニアム開発目標(MDGs)」とは、国連が2000年に設定した開発に関する数値目標で、目標年度は2015年です。

項目は全部で8項目あり、貧困、ジェンダー、健康、環境等の項目に別れています。

「俺の国は教育を優先するよ。環境なんて知らんもんね・・・」 とか、
「能書きは良いから援助を持って来い」

とか言う本音を隠しつつ、どの国もこの8項目の達成数値を目標として、目標を定め、行政を進めています。

--------------------------------
私の発表箇所では、専門である水道施設整備状況について説明しました。

①水道に関するMDGsの目標は、「安全な水が得られない人口(世界で約11億人!)を2015年までに半減させる」というものです。

②この目標を達成するには、給水施設に年間750億ドルの投資(国政府・海外援助含む)が必要だとされています。

では問題。
現在、現実に投資されているのはこの必要額の何%でしょう?


1.20%
2.40%
3.60%
4.80%
5.100%


-
-
-
-
-
-

正解は「2.40%」で、年間投資額は300億ドル程度。
つまり、目標達成は無理ってことですね・・・。
生徒が40名ほど居たのだけど、思っていたよりも正解者は多かった。
半分以下という数値は、理想と現実のギャップを感じさせられます。


「できもしない目標値を定めて意味があるの?」という質問も当然ありつつ、グループの結論は、

目標値の設定が無いと、長期計画は立てられないから、DMGsはツールとして必要不可欠!
ただ、国やセクターの状況により、柔軟に対応すること。
また、今の時期から段階的に達成状況の評価を実施し、フィードバックをしていくことが重要。


としました。

ま、無難な結論ですが・・・。

個人的に、水道事業に関しては投資額が少ないのは分かっていたので、今後は事業評価と民営化などによる業務効率化が必要だと考えています。
この話はまたいつか・・・

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お疲れ様です~
なんかダイナミックなテーマなんですね。
すごいな~。
takeshiさんが、再び社会人として大活躍するための
大事な時間なんですね~。

ゆうちあ | URL | 2008年10月14日(Tue)09:36 [EDIT]


こんばんわ。やっぱり寒いねえ。&雨降っても傘さしてない人多し。面白い。

達成率よりも、75億ドルという数字自体が随分安いなと思ったけど。
どうしても水道設備というと灌漑のためのものとか大がかりな土木作業が背景にある(と素人なので思っている)からどうかなーと。

人口の半分という目標の取り方もへえと思った。よく携帯電話の人口カバー率99%とかそういう話が出るけど、秋田にいた頃はその1%だったしなあ。。。

変な切り口の感想ですいません。

た~ちゃん | URL | 2008年10月16日(Thu)00:31 [EDIT]


>ゆうちあ
大事な時間です。
個人的には「社会人として活躍」ってより、「人間的に楽しむ」ことを目標に…

>たーちゃん
75億ドル→750億ドルの間違いでした。
あわてて直しました。
的確な指摘をありがとう。
アクセス不可人口の半減とか、決定根拠なんかは良くわかんないね。

takeshi | URL | 2008年10月16日(Thu)01:01 [EDIT]


最近話題の金融安定化法案で認可された公的資金が7000億ドル。その10分の1程度も満足に予算つかないのね。

事業評価と効率化は確かに大切で、進めていく必要があるとおもう。
しかし日本じゃ、価格競争が進みすぎて、耐震偽装をはじめとした品質劣化を招いているでしょ。品質確保しつつ効率化するためのチェック機能は、とても重要だと思う。

事業評価って、当然価格以外の部分も対象になるのだろうけど、機会があったら、詳しくおしえて下され。

94-M | URL | 2008年10月16日(Thu)22:31 [EDIT]


民営化の話、今週国の関係者(日本の)と途上国における道路PPPをテーマに意見交換する機会がありました。
制度が整っていない途上国ではすんなりいきそうもないというのが個人的な感想。。
ちなみに道路の場合、目標額に対する実際の投資額は数%という数字が出ています。

amal | URL | 2008年10月18日(Sat)03:19 [EDIT]


今日久しぶりに早く帰ったらNHKのクローズアップ現代で「水ビジネス」をやっていました。

経産省のこれ↓が紹介されていて、日本企業が海外市場に参入していくにはどうすればよいか?みたいな感じでした。
http://www.meti.go.jp/policy/economy/gijutsu_kakushin/innovation_policy/mizukenkyukai.htm

素朴な疑問・・・道路も同じだけど、なんで国内でできないことが海外ならできると思うのかなあ??

amal | URL | 2008年10月23日(Thu)13:41 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。