イギリス大学院 開発学 留学日記 @Manchester

2008年9月よりイギリス、マンチェスター大学院に留学しています。 この日記が、いつか誰かの道しるべになることを♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

インディヘナのおばちゃんプロレス(ラパス)

ボリビアの調査から無事帰りました。良いデータが収集できて、嬉しい限りです。
ただ、あと1ヶ月あまりでこのデータを分析してまとめないといけない・・・

今回の調査は現地17日間のうち、高山病で苦しみつつも、データ収集とヒアリングを行いましたが、週末など折を見て、多少観光もできたので、いくつか書いてみます。
調査の内容は、分析後、後日記載しますので。

-------------------------------------------------------
tentative park hall el alto

(写真:メルカドの臨時遊園地、プロレス会場、エルアルトからラパス市内を臨む)
まず、ラパスでは現地インディヘナのおばちゃんプロレス(Cholita Wrestring)に出かけました。
毎週日曜日、エルアルト地区のマーケット近くで、4時から開催され、外人料金は50ボリビアーノス(700円)。

話には聞いていたけれど、日本じゃ人権侵害になりそうなほどの、有り得ない光景を目撃!
写真は、メルカドに居そうなおばちゃん→10分後に血まみれ
obachan2bloody

以下、別の試合の模様も・・・

つづきを表示

PageTop

ラパス到着

lapaz view2 lapaz view1
修論調査地のボリビア、ラパスに到着しました。
高度3400mの高地、高山病で正直参っています。

b kid2 b kid1
ペルーなどから少しずつ上がってきた旅行者は何とも無いようですが、飛行機で直接来たためもあり、頭痛がひどく、倦怠感もあり勉強する気になりません。

高山病の薬は、チョルチとダィアモックスを試してみて、ダィアモックスの方が心持ち効いているようで、数日中に身体が慣れれば良いのだけど・・・

potato minibus llama.jpg
(写真:左 ポテト+肉の煮物屋台50円、中 市民の足 片道20円くらい、右 呪術?に使うリャマのミイラ)

調査の方は、調整をお願いしていた方々から十分な協力を頂き、必要なデータを集めて帰れそうです。
現地に住んでいる方々が居ることで、私の様な学生の調査でも協力していただけるわけで、嬉しく思います。

PageTop

Field Survey 準備中 (文献検索サイト)

以前から予定していた、ボリビア・ラパスの現地調査出発が週末に迫り、準備をしています。
滞在は7月末まで20日間程の予定で、調査する内容は昔書いた記事のとおり。

ラパスの水道民営化事例分析をした文献は、Google Scholarで手に入ったものの、民営化手法を検討したものが多く、水道施設情報がほとんど書かれていません。
私の研究には技術的側面を含めて検討しようと考えているため、少し古くなるのだけど、JICAのHPから落とした過去報告書(地下水開発)などを見て勉強しています。

ラパス自体は、10年も前に旅行したことがあるのだけど、ネット情報では、最近唾かけ強盗・首絞め強盗等が発生しているらしく、ちょっと心配。
あまり無理せずやって来ようと思っています。

-----------------------------------------
以下、調べ物用の参考サイト
Google Scholar 英語文献が調べられます。
JICA事業の報告書サイト 過去の報告書がPDFファイルでダウンロードできます。

World Bank レポートサイト 
ADBレポート F/SはRRPsレポート参照

※どなたか、World Bankや他援助機関のプロジェクト報告書が見られるサイト・方法を知っていれば、教えてください→上に追加しました

PageTop

開発援助の本質(途上国援助=人助け?)

昨日友人と話していて、議論になったことについて、前々から考えていたことを書いてみます。
議題は、「人助けと開発援助は違う」ということ。

開発援助に関わっていると、各種の批判を聞かされることがあります。
例えば・・・
・ODAは日本企業の利権や国益が絡んでいて汚い。
・タレントの寄付活動や、ビルゲイツの財団創立は売名行為でしょ?


これらを聞くと、正直理解が足りない・・・と感じます。
あまり援助を知らない人が言うのは分かりますが、新聞の論調でもこれらの域を出ていないことに落胆。

今回、ちょっと文章長めですが mーーm

つづきを表示

PageTop

Comwy Castle (北ウェールズ)

castle tram
(写真:Conwy Castle、トラムと街の風景)
学校のInternational Society 主催の1日ツアーで、北ウェールズにあるConwy Castleに行ってきました。お城は世界遺産らしいです。
マンチェスターから2時間ほどで、気分転換に最適でした。
初のウェールズ上陸で、もっと違いがあるのかと思って期待したのだけど、看板にウェールズ語が併記されている位であとは特に印象無く・・・。

つづきを表示

PageTop

受講クラスの成績が出た

今日、セメスター2の全成績が返ってきました。
結果は・・・・


平均

セメスター1の成績が平均62点だったので、両セメスターを平均しても63点。
前にも書いたけれど、70以上が優、60以上が良、50以上が可の成績で、自分の点数は特に良くも悪くも無い点数です
ということで、自慢記事じゃないよ。
英語の文章力と、読解スピードが遅いのがハンデだけれでも、仕方ないな・・・

あと最近知ったのだけど、マンチェスター大学の場合、選択する8つの講義のうち、3つまで50点以下でも、8月頃に再試験や課題の再提出が認められているらしい。
なんだか、「思ってたより基準が緩いんじゃないの?」という感想を持ちつつ、しばらくは論文のための書類読込みを続けます。

PageTop

英国内外旅行の役立ちリンク (マンチェスター)

ここのところ、7月のボリビア調査のために、航空券やホテルの予約をしていました。
以下、国内外を含め、旅行に役立つサイトをまとめてみましたので、ぜひ参考に。

-宿泊-
Tripadvisor 英国内外かかわらず、ホテルの比較ができます
エクスペディア(英国内外、日本語で予約可
Opodo ・Expedia ・Lastminute ホテル検索、同じホテルでもサイトにより値段が異なります
Hostelworld ホステルに泊まる時用

-交通-
National Express (英国内全域、学生の場合Railpass作成で1/3割引
Eurostar (ロンドンからパリ、ブリュッセル等)

(格安大手)※Ryanair、※Easyjet マンチェスター・リバプール発着多し
(格安)・Monarch ・BMI ・Jet2 マンチェスター発、ヨーロッパ向けの格安便
(予約サイト)・Opodo ・Expedia ・Lastminute 大手航空会社を含み、最安値比較用
(計画用比較サイト)・Kayak ・Skyscanner 各サイトが比較できます

National Express 英国内 ・Mega Bus 国内格安バス
Eurolines ヨーロッパ内 バスは電車より安価
Terravison マンチェスター市内からリバプール空港のシャトルバス(片道6、往復8ポンド)
Stagecoach No.43 マンチェスター空港-Oxford Street路線バス(片道2.6ポンド)

PageTop

Language Exchangeの薦め

去年の10月位から、イギリスの男性と英語/日本語のLanguage Exchangeをしていました。
Language Exchangeとは、語学を勉強したい相手に、お互いに母国語を教えあうというもので、アニメや映画の影響もあって、日本語を勉強したいという学生は割合簡単に見つかります。

私の勉強相手はパイロットをしているのですが、最近日本の女性と結婚することになり、結婚式でのスピーチを日本語で実行したいということで、数ヶ月ほどその作文を手伝っていました。

内容はそれほど込み入ったものでは無いのですが、彼が今まで数年勉強してきて作った文章を元に、文法を修正しました。その後、何度か実際に読んでもらって発音も修正。
結果、1ヶ月程前結婚式が執り行われ、5分位のスピーチですが、新婦の両親は喜んで泣いてくれたそうです。
それを聞いて、本当に彼と会って良かったなあと・・・

今後、新郎新婦は仕事の都合で引っ越しをするため、先日彼との勉強会は最後になりました。
国際結婚は色々障害も有ると思うけれど、それだけ勉強する熱意があれば大丈夫だよね。

末永く、お幸せに

※日英語の相手探しはマンチェスターJapanese Societyのページでの登録がお奨めです。

PageTop

親孝行

cot1 cot2
試験後、またロンドンに上京していました。今回の目的はタイトル通り親孝行

私の母親は仕事が自営業のためもあり、生まれてから50年以上日本を出たことが無かったのだけど、今回の留学に合わせて誘い、初の海外旅行が実現しました。
あまり時間が無かったためマンチェスターには来れなかったけれど、ロンドン市内観光コッツウェルズツアー、それにミュージカル鑑賞等々盛り沢山。
(写真:コッツウェルズの街)

慣れないことばかりで大変そうだったけれど、とにかく喜んでくれて満足です。
コッツウェルズには「いつか帰ってくる(!)」と断言していて、イギリスの家や風景は女性の受けが良い事を実感しました。

以下、メモ代わりに。

つづきを表示

PageTop

全試験終了

昨日、最後の試験が終了しました。
やっぱり試験は慣れないままで、点数はあまり期待できないけど、今から悔やんでも仕方ないし、気が楽になりました。

後は、3ヶ月後の修士論文提出に向けて、資料読込みを始めます。
論文のトピックは、以前にも少し書いた「ボリビア・ラパス市水道局の民営化」に決定し、7月に現地調査に行こうかと計画してます。

ちょっと気晴らししたあと、また気合入れてやっていきますのでご期待を。

※ちなみに、修士課程の論文では現地調査での1次データ取得は時間も無いため薦めない大学が多いようです。まあ例外も居るということで。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。